外耳炎とは

外耳炎とは
西宮市、芦屋市、尼崎市を中心に耳鼻科診療を行う梅華会グループ監修の外耳炎の情報サイト

外耳炎ってどういう状態?

外耳炎とは、簡単にいうと、耳掃除の際に傷ついてしまった外耳道の皮膚の表面に、細菌や真菌が繁殖して炎症が発生してしまう病気です。 最初は外耳道の軽い痛みやかゆみから始まり、しだいに夜眠れない程の激しい痛みに変わります。 さらにひどくなると耳から膿のような液体が出る耳漏(じろう:耳だれ)や、耳が詰まったような耳閉感、耳鳴り、難聴が起こることさえあります。 また、外耳炎の中には「外耳道真菌症」に進むケースもあります。 この外耳道真菌症では、傷ついた外耳道の表面に真菌というカビの一種が繁殖し、我慢できないぐらいのかゆみが生じます。 このように外耳炎は決して油断できない、厄介な病気なのです。

外耳炎は再発しやすい傾向に

なお、外耳炎は、耳かきが癖になっている方ほど治りが悪く、再発もしやすい傾向にあります。 また、お風呂に入ったりプールに入った後の耳垢が湿って膨張している時に、耳掃除をすると外耳炎になりやすいので、特に耳の中が湿っている時には注意が必要です。

ページトップへ戻る